フィンランドでも筆無精


近況ブログ
by だやんたまさぶろー
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2017年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

趣味の再開


忙しかったこの数ヶ月も過ぎ去り、力んで練習する必要がなくなってきたので編み物を再開しました。
a0156587_00542327.jpg
これは編み始めて数年経っているフリース糸のマフラー。

この他にも編みかけの物や試しに編んでみた物がたくさんあるので、まずそちらから片付けていきます。友達が編みかけた10年越しの赤ちゃん用ブランケットなんてのもあります。「終わらせて誰かにあげてね!」って託された・・・。断れない私。

でもやりかけの物を終わらせるというのは良いストレス解消になります。




[PR]
by lilamaggie | 2017-11-28 01:00 | 編み物 | Comments(0)

懐かしの


今月最初の週のシンフォニーシリーズでは何とこの方の曲を初演しました。
a0156587_18190045.jpg
私の桐朋の音高時代の、隣のクラスの担任だった石島正博先生です。みんなに「いしじー」と読ばれて超人気者でした。

ティンパニ協奏曲を。
a0156587_18190023.jpg
この台の上に乗っているバチの他にもサウナで使う白樺の束「ヴィヒタ」も使いティンパニを叩いていました。

津波で亡くなった子供たちとフィンランドの森にいる妖精たちが一緒になっている様子が第二楽章に書かれていました。

その事を、石島先生とティンパニのショウさんと私とでリハーサルの時に団員のみんなに英語で一生懸命説明をしましたが、わかってくれたかな。


最後にセルフィー撮ったのを。
a0156587_18185984.jpg




[PR]
by lilamaggie | 2017-11-22 18:37 | 仕事 | Comments(0)

自家製


今まで梅酒も作った事の無い私ですが、夏に摘んだベリーを2種類、9月中旬に仕込んでおきました。仕込むと言っても密閉容器にベリーとヴォトカを投入しただけですが。

オレンジ色のがピヒラヤ(ナナカマド)、紫色のがヴァリクセンマルヤ(ガンコウラン)。
2ヶ月経って赤かったピヒラヤの実の色が薄くなってきました。ヴァリクセンマルヤの実の色はほとんど変わりませんが、お酒の方に綺麗に色が移っています。
a0156587_17514424.jpg

お酒の色はこんな感じ。
こちらがピヒラヤ。
a0156587_17514479.jpg
これがヴァリクセンマルヤ。
a0156587_17514320.jpg

ピヒラヤ酒は香りがとても良いのですが、そのまま飲むと少し苦いです。カンパリみたいな感じ。
ヴァリクセンマルヤ酒は香りはあまりしないのですが味はピヒラヤよりもベリーって感じが出ています。

多分ストレートで飲むよりも甘い炭酸飲料に混ぜたりすると美味しいかも。

でももうちょっと放置しておきます。





[PR]
by lilamaggie | 2017-11-22 18:06 | 私事 | Comments(0)

ロッシ


家族を連れてクオピオ周辺をドライブしました。あいにくのお天気だったのですが、まあずっと車の中に座っているので・・・。

クオピオを出て東方面にカッラヴェシ湖を渡り、湖の東側の森の中を南下。白樺の森の合間にフィンランド独特の赤茶色の家や納屋、牧草地、山積みになっている薪、などなどが見えます。

40分ほど南下して湖の南の端をぐるっと西に進むとそこには橋の代わりにこれが。
a0156587_18280220.jpg
フィンランド語でロッシと言います。渡し船です。
今年の4月あたりにも一度ブログにロッシの事を書きましたが、その時はまだ湖も凍っていて寒くて車の外に出て全体の写真を撮らなかったので今回は。

写真真ん中に写っているのが稼働中のロッシ。左のはそれよりも一回り小さいもので、多分交通量の多い時や大きいのが壊れた時の為にあるのかな。

ここから対岸まで500メートル位の距離を5分ほどで移動します。
a0156587_18280280.jpg
この日は風が強くロッシも斜めに進んでいました。風に持って行かれないように対岸までロープが渡してあって、それに沿って進みます。

この写真を撮りに車から降りた時はちょうど青空が広がり太陽も少し。冬の間の貴重な日光浴も出来たのでした。






[PR]
by lilamaggie | 2017-11-15 19:03 | 私事 | Comments(0)

母の愛


コンチェルト週間中、忙しくてついつい母に甘えてしまった私。
お弁当まで作ってもらっちゃいました。
a0156587_19050036.jpg
懐かしき海苔弁!開けると蓋に海苔が全部くっついちゃう海苔弁!
2段重ねで間にはおかかが入っていました。
高校時代に作ってもらっていたな〜。

ママ、ありがとう。





[PR]
by lilamaggie | 2017-11-12 19:08 | 私事 | Comments(0)

家族と


シュトラウスの本番の後は日本から来ていた私の家族とゆるゆると過ごしました。こんな遠いところまで来てくれて疲れていると思うのですが、ついつい、母の手料理が食べたくて頼んでしまいます。今回は、以前ヘルシンキの東京館で買って長い間冷凍庫に眠っていた餃子の皮を使ってもらいました。
a0156587_18285497.jpg
感無量!

そしてある日のご飯は
a0156587_18285477.jpg
この、白米にお味噌汁。これをもっと自分でも実行しようと思いました。特にお味噌汁。飲むと一気に体の疲れがほぐれるのがわかります。

ある日のデザートは、これまた私の食料箱に眠っていた白玉粉を使いました。母が練り、仕上げはフィンランド人に頼み・・・。
a0156587_18285495.jpg
なんだか恐る恐る丸めています。このプニョプニョ感は初めてだったみたい。茹でて綺麗に出来上がりました。
a0156587_18285541.jpg
餃子も白玉も、始めればすぐに出来るだなあと再実感しました。もう餃子の皮は無いけれど、それもサッと自分で作ろうかな。コンチェルトが終わり練習のストレスが一気に減ったので、もう少しキッチンに立ってみようと思います。




[PR]
by lilamaggie | 2017-11-10 18:40 | 私事 | Comments(0)

シュトラウスのバイオリン協奏曲


つ〜い〜に〜!

リヒャルト・シュトラウスのバイオリン協奏曲の演奏会が終わりました。
ここ1週間、練習したいのにちょっとでもしすぎると指先の神経痛になりそうでヒヤヒヤものでした。しかし10ヶ月前から準備してきただけあって心には割と余裕があり、直前に練習をほとんどしなくても大丈夫なコンディションに持っていけた自分を褒めなくては。

頭なでなで。

コンチェルトのあとすぐにオケ服に着替えてシューベルトの交響曲を演奏したので、ドレス姿の私の写真は撮り損ねました。これはコンサートが終わってみんなホッとしたところ。
a0156587_19155057.jpg
日本から家族も駆けつけてくれて、嬉しかった!

こんな遠いところまで来て振ってくださったジョエル・スミルノフ氏には感謝の気持ちを伝えきれません。素晴らしい音楽家。この4日間、彼がどう音楽を作り上げて行くのかの過程を目の当たりにできて、すごくすごく勉強になりました。

彼は、このままこのシュトラウスを埋蔵してしまうのは勿体無い、と言っていました。どこかでまた、弾かせてくれないかな〜。




[PR]
by lilamaggie | 2017-11-03 19:40 | 仕事 | Comments(1)
カテゴリ
最新の記事
犬、雪、仕事場
at 2017-12-18 04:42
クリスマスランチ
at 2017-12-18 04:30
フィンランド独立記念日 ②
at 2017-12-18 04:20
フィンランド独立100周年 ①
at 2017-12-18 04:04
クリスマスのキャセロール
at 2017-12-18 03:36
以前の記事
最新のトラックバック
ブログジャンル