フィンランドでも筆無精


近況ブログ
by だやんたまさぶろー
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:仕事( 66 )

引越し


ここしばらくブログの更新をサボっていた言い訳は、引越し。

仕事場の引越し。本拠地のホールでの秋シーズン全てのコンサートが12月中旬に終わり、その後ぜーーーーーんぶ綺麗に片付けてまとめて搬出して、空っぽになった音楽センターでは8ヶ月の全館空調改装工事が始まりました。
a0156587_23581449.jpg
足場が四方に組まれ、屋根の上も黄色いシートで覆われています。

その工事の間の1月から5月終わりまではオーケストラの事務局もチケット売り場も図書館も全て、使われていなかった市の学校の校舎に仮住まいです。

学校なので、やっぱり学校の匂いがします。学校の匂いってどの国でも変わらないのかな。なんか、汗臭いというか、そこに消毒の匂いも混ざっているのか。あの独特の匂い。

冬休み中に練習しに行ったらまだ片付いていなかった時の写真。
a0156587_23482692.jpg
ミニグランドピアノが横向きに、そしてその後ろには夏用の車のタイヤ。
むむむ。

各教室に洗面台があり水も熱いお湯もちゃんと出るのですが、その他にも砂が出てきました。
a0156587_23482644.jpg
水の匂いもイマイチ。しばらく各教室で流していれば改善されるか。

コンサートマスターの部屋もちゃんと用意してくれました。以前使っていた家具も全て引越ししてもらった上、本拠地のコンマス部屋には無かった窓があります!これは嬉しい。
a0156587_23482677.jpg
a0156587_23482627.jpg
外が暗くなっていくのを見ながら弓付けや練習が出来ます。(笑)

しかしこのコンマス部屋は随分細長く小さいのに、しっかり黒板があります。何の授業に使われていたのかな。悪ガキの補修部屋かな。

コンマス部屋の近所はホルンや金管の練習室兼楽器置き場になっています。
a0156587_23482662.jpg
天井高い上に広くて、すんごいうるさい。
ちなみにこの写真のホルン奏者、中学生の時この校舎で勉強したそうです。

ほとんどの教室にはこんなのも配置されています。
a0156587_23482666.jpg
線で繋がってる電話!

そしてオーケストラのリハーサル部屋は・・・。
a0156587_23482795.jpg
a0156587_23482761.jpg
体育館!バスケのゴールや綱や、壁には一面肋木も。しっかしここも、響く響く。金管と打楽器マックスでやられると難聴になりそうです。まあ、あと数ヶ月の我慢。耳栓して頑張ります。

先週ここで初めて本格的に仕事が始まりました。本拠地は街の南西の端にありますがこの学校は東北の端。みんなそれぞれ通勤方法が急に変わり大変。私は今まで徒歩4分だったのが車で7分。車があるので文句は言えませんが、無い人はバスを乗り継いだり30分歩く人も。でも1週間経って大分みんな落ち着いてきたみたいです。

寒いけどガンバロー!



[PR]
by lilamaggie | 2018-01-16 00:22 | 仕事 | Comments(0)

換金


仕事先ではコンサートの後に男性更衣室で一杯、が恒例になっているのですが、その飲み終わった缶やら瓶やらを毎年一度まとめてリサイクル・換金に行くのがホルン吹きのおじさん2人。もう何十年も続けているそうです。

今回は仕事場の建物全体が空調改修工事の為に閉館するので、そのタイミングに合わせて閉館当日に全部集めてリサイクルしに行きました。

a0156587_18383425.jpg
街中の空き缶空き瓶を全て拾って持って来たおじさん達、にしか見えません。1人一台使ってせっせせっせと投入して行きます。私は見物・写真・空きビニール袋の捨て係。結果、
a0156587_18383409.jpg
a0156587_18383405.jpg
リサイクルマークが付いていない物16本、換金できていないのがわかります。
合計は
a0156587_18383476.jpg
これをおじさん2人で山分けして、ビールを箱で買って帰りました。でも、積み込みから終わりまで1時間かからなかったのに1人40ユーロって、相当良い時給よね。

167.png167.png167.png




[PR]
by lilamaggie | 2017-12-29 19:31 | 仕事 | Comments(2)

シンフォニアサルヤ ⑧


今秋シーズン最後のシンフォニアサルヤは、アムステルダムのコンセルトヘボウ管の首席フルートのエミリー・バイノンさんを迎えてのコンサートでした。

イベールの「フルート協奏曲」、プーランクの「二つの行進曲と間奏曲」、プーランクの「フルートとオーケストラのためのソナタ」、後半はブラームスの「交響曲4番」でした。

一流奏者のフルートの音は素晴らしいです。音程やリズム感や息継ぎのタイミングやらがどうだこうだと気にする必要も全くないし(当たり前な筈だけど、それができるフルート奏者は滅多にいません)、近くで聞いていても、音量は大きいのにうるさくない・・・。ダイナミックスに幅があって、自由かつ楽譜に忠実に演奏する。

一緒に演奏していてすごく安心感がありました。

とても勉強になりました。
a0156587_23350237.jpg

本番の後、毎年恒例のオーケストラと事務局合同のパーティーでした。
a0156587_23350223.jpg
食べ物は事務局担当、飲み物はオーケストラ担当です。
写真はありませんが、ピヒラヤの実がたくさん浮いている、何だか透明だけどすんごくアルコール度が高いパンチもどデカイパンチボールに用意されていました。

この日偶然出張でクオピオに滞在中の、フィンランドの有名日本人「スオミのおかん」こと、こばやしあやなさんがコンサートを聴きに来てくれたので、パーティーにもお呼びしました。
a0156587_23350247.jpg
ピヒラヤ入りのパンチを手に持っています。

しかしあやなさん、いつ会っても放出エネルギーがすごい。
会う度に、私ももっと頑張ろうという気にさせてくれます。

また会う日まで〜。




[PR]
by lilamaggie | 2017-12-20 00:01 | 仕事 | Comments(0)

ホルン・アンサンブル


この日は同居人が助っ人出演のホルン・アンサンブルを見に行きました。イケアも入っている大きなショッピングセンターで、シリアからの難民への寄付を募るミニ・コンサート。子供を5人教えている、クオピオ市交響楽団にもエキストラでたまに吹きに来るヤルナさんの企画でした。

a0156587_23223435.jpg
演奏途中、後ろを半分着替えただけのようなサンタクロースが歩いていました。

1分前後の曲を20曲ほど(子供たちはその内8曲くらい)の演奏でした。

ホルンだけのアンサンブルって、何だか聞いていてとても落ち着きます。
なぜだろう。




[PR]
by lilamaggie | 2017-12-19 23:32 | 仕事 | Comments(0)

クリスマスランチ


独立記念日のあった週はコンマス有給休暇の2週目をいただいてお休みだったのですが、相変わらず毎日職場へ通っておりました。

まずはリハーサルを覗きに。今週はシベリウス音楽院の指揮科の生徒の修了試験コンサートでした。
a0156587_04253302.jpg
完璧にカラオケ指揮者になっています。まだまだね。

この日職場に来た理由のもう一つは、この無料クリスマスランチ。
a0156587_04232024.jpg
毎年クリスマスの時期に一度豪華なランチが振る舞われます。
今年はハムがメインでこの間初めて試したニンジンキャセロール、ターニップのマッシュ、きのこサラダやビーツサラダなど盛りだくさんでした。

ごちそうさまでした。





[PR]
by lilamaggie | 2017-12-18 04:30 | 仕事 | Comments(0)

シンフォニアサルヤ ⑦


11月最後のシンフォニアサルヤはピアニストのマリアンナ・シリニャンさんとオウル交響楽団のチーフ、ヨハネス・グスタフソンさんを迎えて、シベリウスの組曲「クリスチャン2世」、グリーグのピアノ協奏曲、シベリウスの交響曲5番を演奏しました。

マリアンナさん、とっても小柄で手も小さいのにグリーグを何のこと無く弾いていました。音量も大きいし、小さいから右に左に人一倍動かなければいけないのに音も外さないし。小柄ですごい演奏家に会うととても感動します。

a0156587_03030108.jpg

また会う日まで!




[PR]
by lilamaggie | 2017-12-18 03:17 | 仕事 | Comments(0)

コンマス休暇週 ①


私の所属するオーケストラではコンサートマスターを務めているのですが、半年に2週間、有給休暇をもらえます。貯金できないタイプなので、半年のシーズン中に使わないともったいない!と言うことで、11月の終わりに1週目のお休み。ゲストシンガー2人を迎えてほぼ100%歌謡曲のプログラムの週でした。

けれど、休みを貰ってもその次の週の練習をしたり来月のプログラムの弓づけをしたりと、いろいろ仕事はあるので結局ほぼ毎日仕事場へ通っていました。お昼ご飯も1人で食べるよりオケのみんなとカフェテリアで食べたほうが楽しいし。

そしてコンサートも客として参加しました。
a0156587_18055422.jpg
すんごいモクモクしてて向こうが見えないんですけど。ケホケホ。

なので後半はも少し近くに移動。
a0156587_18055447.jpg
おーよく見える。誰が何してるかスパイしてるみたい。うひひ。

いろいろと勉強になりました。




[PR]
by lilamaggie | 2017-12-16 18:16 | 仕事 | Comments(0)

市の表彰式


クオピオ市交響楽団の団長を25年勤めたミカエル・クラウセンさんが定年引退する事になりました。ウン10年前に故郷ドイツを離れてどうしてクオピオにたどり着いたのかはよく知りませんが、フィンランド語ももちろんペラペラ。オーケストラの団長だけでなくオーケストラと3つの音楽院の分校計4団体が入っているミュージックセンターの館長も務め、クオピオ市の姉妹都市である上海市にも芸術交流を推進するために出張し、とても忙しい毎日のようでした。

この日は市庁舎で行われたメダル授与式に行ってきました。
a0156587_17031586.jpg
思いっきりカメラ目線になっている人でなく、一番端っこに緊張した趣で写っているのがミカエルです。
a0156587_17031548.jpg
オーケストラの事務局からメルヤさん、彼女のパートナーでもある団のビオラ奏者のテルホさん、テルホさんと同じく音楽家組合担当の団の首席ホルンの(このブログにもよく出てくる)セッポに、オーケストラ代表でコンマスの私が出席しました。何だか具合良く、カップル2組の出席になっていました。(汗)
a0156587_17031623.jpg
ついつい癖でセッポの方に体を向けてしまいましたが、メルヤみたいにミカエルの方を向けば良かったかな。メルヤとテルホは以前ダンスを真剣にやっていたそうで、立ち姿が美しい。次回見習います。

この後ケーキとコーヒーのレセプションがありました。そうそう、こういう場に出てくるケーキには甘いのとご飯系のケーキとの2種類があります。食い意地がはってまた写真を撮り損ねましたが、ご飯系のケーキは甘くないスポンジケーキまたは薄切りパンに、クリーム系のチキンサラダやスモークサーモンサラダが挟まったレイヤーケーキになっている事が多いです。何のケーキなのかがわかるように、一番上に使われている材料で美しくデコレーションがされています。あー、次は絶対写真撮るぞ。

これはピンタレストからお借りした画像です。
a0156587_17350779.jpg
もしかしたらスウェーデンの習慣なのかな。切って塗って重ねるだけだから自分でも作れそう。やってみようかな。





[PR]
by lilamaggie | 2017-12-05 17:40 | 仕事 | Comments(0)

懐かしの


今月最初の週のシンフォニーシリーズでは何とこの方の曲を初演しました。
a0156587_18190045.jpg
私の桐朋の音高時代の、隣のクラスの担任だった石島正博先生です。みんなに「いしじー」と読ばれて超人気者でした。

ティンパニ協奏曲を。
a0156587_18190023.jpg
この台の上に乗っているバチの他にもサウナで使う白樺の束「ヴィヒタ」も使いティンパニを叩いていました。

津波で亡くなった子供たちとフィンランドの森にいる妖精たちが一緒になっている様子が第二楽章に書かれていました。

その事を、石島先生とティンパニのショウさんと私とでリハーサルの時に団員のみんなに英語で一生懸命説明をしましたが、わかってくれたかな。


最後にセルフィー撮ったのを。
a0156587_18185984.jpg




[PR]
by lilamaggie | 2017-11-22 18:37 | 仕事 | Comments(0)

シュトラウスのバイオリン協奏曲


つ〜い〜に〜!

リヒャルト・シュトラウスのバイオリン協奏曲の演奏会が終わりました。
ここ1週間、練習したいのにちょっとでもしすぎると指先の神経痛になりそうでヒヤヒヤものでした。しかし10ヶ月前から準備してきただけあって心には割と余裕があり、直前に練習をほとんどしなくても大丈夫なコンディションに持っていけた自分を褒めなくては。

頭なでなで。

コンチェルトのあとすぐにオケ服に着替えてシューベルトの交響曲を演奏したので、ドレス姿の私の写真は撮り損ねました。これはコンサートが終わってみんなホッとしたところ。
a0156587_19155057.jpg
日本から家族も駆けつけてくれて、嬉しかった!

こんな遠いところまで来て振ってくださったジョエル・スミルノフ氏には感謝の気持ちを伝えきれません。素晴らしい音楽家。この4日間、彼がどう音楽を作り上げて行くのかの過程を目の当たりにできて、すごくすごく勉強になりました。

彼は、このままこのシュトラウスを埋蔵してしまうのは勿体無い、と言っていました。どこかでまた、弾かせてくれないかな〜。




[PR]
by lilamaggie | 2017-11-03 19:40 | 仕事 | Comments(1)
カテゴリ
最新の記事
引越し
at 2018-01-16 00:22
ウェールズ人の喜ぶプレゼント
at 2018-01-05 19:07
クリスマスご飯
at 2018-01-03 04:20
クリスマスツリー
at 2018-01-03 00:47
ヘルシンキ ③
at 2018-01-01 18:09
以前の記事
最新のトラックバック
ブログジャンル